PENCIL

動画マーケティングとは?映像を使うメリットとデメリット

近年、動画や映像を活用したマーケティング手法が注目されています。業種、業態を問わず成果を出されている企業がたくさんあります。

自社でも取り入れてみたい、動画や映像をマーケティングに活用したいと思っても、結構ハードル高く感じてしまったりしていませんか。

動画や映像を使ったマーケティングとは何か、その目的とは、と言ったことから、動画マーケティングによって得られるメリット、デメリットを詳しく解説します。

動画・映像を使ったマーケティングとは

動画コンテンツ、映像コンテンツを使用して、プロダクトやサービスを生活者に対して認知してもらったり、興味関心を高めていくためのマーケティング手法のひとつです。

特に動画・映像コンテンツは、ウェブとの親和性が高く、バズるとも言われますが、話題性のある動画コンテンツはSNSなどで拡散されやすい傾向にあります。テキストと画像だけの情報に比べて魅力が情報量が多く、伝えやすく伝わりやすいのも特徴です。

街中でもフリーWi-Fiがあったり、第五世代高速移動通信(5G)がサービスを開始するなど、通信環境が整備されたため、大容量の動画・映像コンテンツを通信料を気にせずにストレスなく視聴する環境が整ってきたことも、現在注目される理由になっています。

動画マーケティングの目的

映像コンテンツ、動画コンテンツを使った、動画マーケティングは多くの企業や団体で利用されていますが、その目的はどんなところにあるのでしょうか。
大まかに分けて、次が考えられます。

  • 認知度の向上
  • プロダクトの魅力を伝える
  • プロダクトの売り上げをあげる

目的1 認知度の向上

動画マーケティングの目的、1つ目は認知度をアップ、向上させるということです。
優れた商品やサービスをもっていて、提供していても、顧客に見つけてもらうことができなければ、本当に必要とする人へ届けることはできません。

動画コンテンツ、映像コンテンツをマーケティングに取り入れることにより、商品やサービス、自社の強みを伝え、認知度を高めることができます。

SNSでは動画コンテンツに近年力を入れていることもあり、話題性のある動画は拡散されやすい特性もあるため、思いがけず商品やサービスを認知してもらえる機会にも。SNSや動画サイトから認知を広げることができます。

目的2 プロダクトの魅力や強みを伝える

動画マーケティングの目的、2つ目はプロダクトの魅力や強みを伝えることです。
動画コンテンツ、映像コンテンツでは、文章や画像だけでは伝えきれない商品やサービスの魅力を伝えることができます。

ユーザーが実際に使っている様子を織り交ぜることによって、具体的に利用者がどんなベネフィットがあるかを想像することができ、自分ごととして捉えやすく、プロダクトの魅力や強みを適切に伝えられます。

目的3 プロダクトの購入、売上向上につなげる

動画マーケティングの目的、3つ目はプロダクトの購買決定や売上向上につなげることです。
動画コンテンツを通して商品の魅力や強みを的確に伝えることができれば、視聴者はそのプロダクトに興味関心を抱かせ、購買意欲をかきたてることができます。

さらにプロダクトの利用方法やその結果どの様な恩恵を受けられたかなど、顧客が使用している状況をイメージさせることによって購買決定につなげることができます。

動画マーケティングのメリット

様々な目的で使われる動画コンテンツ、映像コンテンツを使った動画マーケティングですが、そのメリットはどこにあるのでしょうか。
多くのメリットがありますが、特に次の3つのポイントに注目して解説します。

  • 記憶に残りやすい
  • テキスト情報に比べて、情報量が多く伝わりやすい
  • SNSや動画サイトで低予算から広告運用が可能

動画・映像は視聴者の記憶に残りやすい

動画や映像コンテンツは視覚と聴覚からの情報のため、視聴者の記憶に残りやすいことが挙げられます。
商品のサービスの魅力や強み全てを言葉だけで伝えようとすると難しいこともあります。視覚からの情報だけでなく、話者の話し方や抑揚などのニュアンスやBGMや映像の雰囲気などから、文章だけでは伝えきれない細かな情報を伝えることができます。

動画、映像コンテンツは実写だけではなく、アニメーションもマーケティング業界では注目されており、SaaSや無形のサービスを提供する企業にとってはわかりやすくサービスの魅力を伝える方法です。
アニメーション動画を使ったマーケティング施策は実写に比べて効果が出やすいとも言われています。

テキストに比べて、情報量が多く伝わりやすい

動画や映像コンテンツはテキストや静止画の情報に比べて圧倒的な情報量があり、短時間でより多くの情報を伝えることができます。
1分間の動画の情報量は文字情報に換算すると約180万単語、テキスト+静止画の5000倍の情報量があると言われています。

この様に圧倒的な情報量を提供できる動画や映像コンテンツをマーケティングに活用することは、視聴者としても発信者としても大きなメリットを得られます。

SNSや動画配信サイトで低予算から広告運用が可能

動画や映像を使ったマーケティングといえば、一昔前はTVCMが一般的な方法でした。
しかしTVCMは多額の広告費を必要とし、アプローチできる顧客層も限られているため、大きな売り上げを持つ企業でなければ、参入しにくい手法でした。

しかしインターネットに常時接続できることがほぼ当たり前になった現代では、SNSや動画配信サイトを活用して、気軽に広告運用ができる様になりました。
その予算は1日あたり数百円から利用することができ、地域、性別、年齢層などピンポイントでターゲットの見込み客にアプローチできます。
中小企業や個人事業主でも気軽に広告運用ができ、見込み客と繋がることが可能になっています。

動画マーケティングのデメリット

動画コンテンツ、映像コンテンツを使ったマーケティングには大きなメリットがあるため、すぐにでも取り入れたい、と思われるかもしれません。しかしもちろんその裏側にはデメリットもあります。
メリットだけではなくデメリットもしっかりと確認した上で、マーケティングプランを考えましょう。

映像制作ができる人材が居ない

動画・映像を制作しようという場合にあまり身近に制作できる人材が居なかったりします。また自社で制作するとしても、多くの場合人材の確保や撮影機材の手配など、0から始めると予想外の時間と予算がかかることがあります。

また、自社に映像制作経験のある人材が居たとしても、映像制作会社へ外注する際にも的確な指示を出すことができず、満足できる動画の仕上がりにならずにマーケティング施策としても良い結果を得られないことにもなり得ます。

映像利用の的確なマーケティング戦略を立てられない

動画マーケティングをしようと思っても、キャンペーンの目的や目標が明確でなく、闇雲に動画や映像を制作して活用するのであれば、想定した効果は得にくくなります。

的確なマーケティング戦略や計画を立案した上で、なぜ映像を使うのか、映像であるべき理由をしっかりと明確にする必要があります。
単純に動画マーケティングが素晴らしいからと制作しても想定した効果を得られず、文字媒体や出版物などを利用したら想定以上の反応が得られたということも少なくありません。

広告代理店に依頼するとコストが高くなる

自社で映像制作やマーケティング戦略の立案が出来ない場合、まるごと広告代理店に依頼する場合、コストが高くなることがあります。
もちろん広告代理店はその道のプロですから、ある程度の結果も期待することができると思います。

マーケティング戦略の立案から映像制作までを考えた場合に、広告代理店に依頼することで予想以上の予算を用意しなければならないとなると、動画マーケティングを行う場合のデメリットとも考えられます。

マーケティング視点での動画・映像の利活用

動画・映像を使ったマーケティング施策はとても注目されており、これからも市場が伸びていくことが予想されています。
自社の商品やサービスを多くの人々に広め、知ってもらい、購入してもらうためには、とても有益な手段、方法です。

結果が出ない動画マーケティングに一喜一憂するのをやめよう

これからのマーケティングにおいて、動画コンテンツ、映像コンテンツは重要で必要不可欠なツールであることは間違いありません。
この様な時代において、無闇に映像を制作して「前回は効果があったのに、今回はうまくいかなかった」と一喜一憂するのでは、時間も予算ももったいないですよね。

Pencilでは、大手広告代理店出身者があなたのビジネスにとって何が最適かを考え、マーケティング戦略の立案から映像制作まで、丁寧にサポートします。
そのため、必ずしも映像を制作するというわけではなく、他の方法手段が最適と判断すれば、あなたのビジネスに最適化した戦略に基づき、施策を考えていきます。

プロジェクトの内容に合わせ、少数精鋭の少人数のチームから独自のクリエイターネットワークを生かした大規模プロジェクトまで、戦略立案から企画、撮影、編集、広告運用まで、柔軟に対応いたします。

お見積もり、ご相談は無料です!お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちら 詳細資料をダウンロードする